Home

キャッシュレス 論文

キャッシュレス決済における電子マネーの機能 : サービス

2016年度 上智大学経済学部経営学科 網倉ゼミナール 卒業論文 日本におけるキャッシュレス社会化の展望 A1341103 山野 颯士 2017年1月15日 提出 2 はじめに 現金、クレジットカード、デビットカード、電子マネー。皆様はどの決済手段. キャッシュレス化のメリットと問題点について論じる前に検討すべき点として、経済社会 42 第2章 キャッシュレス化のメリットと実現可能性について 日本クレジット協会 CCR(クレジット研究)第8号(2018年12月) における「貨幣」の.

1.研究趣旨 2017年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」(内閣官房)において、(海外諸国と比較して)日本はキャッシュレス化が十分に進展していないことが課題として挙げられ、キャッシュレス決済の安全性・利便性の向上、事務手続きの効率化、ビッグデータ活用による販売機会の拡大等の必要性が指摘されている。その後、2018年4月には「キャッシュレス・ビジョン」(経済産業省)が公表され、その中で消費者、事業者、政府の視点からキャッシュレス化について更なる検討・研究が求められている キャッシュレス決済を推進することにより、事業者にとって取引業務の削減や、消費者にとって現金の引き出しなどの手間の削減、介護が必要な高齢者にとって買い物の利便性の向上、行政分野にとって徴収や給付作業の効率化、決済に伴って得られるビックテータの活用等、幅広い分野において様々な効果が期待されるものである。そのため、利便性や効率性の向上を目指して、キャッシュレス化を推進することは今後地域活性化や新たなビジネス機会の創出と日本経済の成長に向けて、行政と市民が一緒に取り組んでいくべきものである。(内閣府(2014)参照) しかし、日本の現状から見ると、キャッシュレス社会を目指すにはまだ程遠い発展余地がある。日本銀行が2017年6月に発表した「モバイル決済の現状と課題」のレポートによると、2016年11月時点の携帯電話やスマートフォンにモバイル決済の機能が付いているという人の割合は42%だが、実際にモバイル決済を利用する人はわずか6%にとどまるという状況になっている 〈自由論文〉 キャッシュレス決済における電子マネーの機能 ―サービス・イノベーション及びポイント・プログラムとの連動性の視点から― Function of Electronic Money in Cashless Payment - Based on the Viewpoint of Link between Servic このキャッシュレス決済比率の数字や今後の数値目標がマスコミなどを通して独り歩きしており、日本が他の先進国と比べてかなりの現金社会であるとの認識が広がっている。しかし、本研究会の『提言』でも明記したように、我々はキャッシュレスな決済手段の利用比率が高まるという量的な側面だけでなく、利用者利便に資する新たな価値が付加されたり、従来よりも安価に提供されたりするなど、質的な改善も含むものとしてキャッシュレス化の進展を捉えている(『提言』、p.2)。また淵田(2018)が書いているように、「未来投資戦略2017」でKPIとして掲げたキャッシュレス決済比率には、従来型の電子決済手段である、銀行振込や自動引落、口座振替などが無視されており、携帯電話間での個人間送金やPISP(Payment Initiation Service Provider: 銀行口座からの代金引き落とし代行サービス)型決済なども考慮されていない。『提言』では、それらの点を考慮して民間最終消費支出に占める振込/口座振替の割合を参考として図表6、7(『提言』、p.17)に加えた

指すが、日本におけるキャッシュレス決済の割 合は過去5年間で14.5%から23.5%へ拡大して おり、徐々にキャッシュレス化が進んでいる状 況にある。 2015年度の民間消費におけるカード決済(ク レジットカードとデビットカード)の割合を 査読論文 キャッシュレス決済のデファクト・スタンダードに関する考察 福嶋 幸太郎 大阪ガスファイナンス キーワード: キャッシュレス決済、デファクト・スタンダード、イノベーション、リブラ、ネ ットワークの外部性 1.はじめに 1.1研究背景と動 Ⅱ.キャッシュレス社会の実現に向けた現状の取組み 本節では、まず本稿における「キャッシュレス」および「キャッシュレス社 会」を定義し、わが国におけるキャッシュレス社会の実現に向けた現状の取組 みおよびキャッシュレスな決済手段について整理を行う

日本のキャッシュレス化の進展状況と 金融リテラシーの影響 福本 勇樹 2020年2月 6-1-20, Seijo, Setagaya Tokyo157-8511, Japan TheInstituteforEconomicStudies Seijo University ISSN 2187-4182 ISBN 978-4-907635-21-3 C3033 I.E. な買物、店舗のキャッシュレス可否等。 3.調査結果の概要 <アンケート調査の結果> 回答した大学生の6割以上が日常的にキャッシュレス決済を利用している。 この半年間でのキャッシュレス決済の利用頻度を聞いたところ、「ほ 本論文では、キャッシュレス金額の増加が実質GDP などに与える効果について時系列分析を行う。 分析する基本仮説は以下の通りである。 キャッシュレス化は実質GDPに対して影響しない。 キャッシュレス化はATM 台数に影響しない。.

キャッシュレス化が経済活動に与える影響に関する時系列分析 - Js

1.キャッシュレスの現状 世界各国のキャッシュレス決済 率の 較を うと、キャッシュレス化が進展している 国は40%〜60%台であるのに対し、 本は約20%にとどまっている。 世界的なキャッシュレスの流れを踏まえ、キャッシュレスを通じたデータの利活 により、国全体の 産 2.キャッシュレスの定義 まず、論文を記述するにあたってキャッシュレスの前提合わせを行いたい。「定義」経済産業省キャッシュレス推進室のキャッシュレス関連用語集ではキャッシュレスについて 「お札や小銭などの現金を使用せずに 日本におけるキャッシュレス決済比率は2016年時点で20%にとどまっており、比率が 40~60%の欧米 諸国や中国等と比較して、日本は依然として現金決済が主流であり、世界的にもキャッシュレス化で後れを とっている。2020 年の東 CiNii 論文 - 日本におけるキャッシュレス化の現状と推進要因の分析 (「今後の日本におけるキャッシュレス社会の実現可能性とクレジットカードのあり方」に関する研究 : キャッシュレス社会研究会<報告> ★ 本稿は、2019(平成30年)3月7日(木)に、佐賀大学教養教育1号館111教室で開催された佐賀大学経済学会講演会で報告 1した「日本におけるB to Cリテール決済の「レスキャッシュ化」の現状と課題」をもとに論文にしたものである

20xx年度 卒業論文 > ←「1行空けろ」の記号 電子決済が切り開くキャッシュレス社会の展望 > 小野 幸子 1 > 1. 序 論 2. 電子決済の取引の動向 2.1 キャッシュレス化が浸透した諸外国の事情 2.2 日本におけるキャッシュレス 3 コロナウイルスによるキャッシュレス決済の利用変化と接触低減の意識調査 大岩 玲太 , 遠藤 正之 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 202011(0), 121-124, 202 キャッシュレス・ジャパンの実現に向けて 11 キャッシュレス・ジャパンの実現に向けて 淵田 康之 要 約 1. 2020 年オリンピック・パラリンピック東京大会開催等を視野に、わが国は 2014 年及び2015 年の「日本再興戦略」においてキャッシュレス化の推進を デジタル社会で変わるキャッシュレス決済ビジネスの行方 JRIレビュー 2016 Vol.5, No.35 117 1.はじめに 情報通信技術(ICT)の発展により、あらゆるモノ、コト、情報がデジタル化されインターネットに つながるデジタル社会が到来している においてキャッシュレスの推進が有用であるのかについてYin,R.K.[1984] がデータの証 拠源として分類した、雑誌、書籍や論文等の文書に依拠して、整理し考察する。1.2 本研究の構

第6章 スウェーデン及びドイツにおけるキャッシュレス化の 現状と課題 * 小部 春美 1 【要旨】 スウェーデンについては、「決済のキャッシュレス化が進み、中央銀行が電子通貨発行 を検討するほどのキャッシュレス先進国」等の紹介が見られる一方、ドイツについて

〈研究論文〉 インバウンドのキャッシュレス需要に関する研究 ―韓国訪日客2017年対馬調査―* 小原 篤次† 平良 棟子‡ 要約 2015年、旅行収支が53年ぶりに黒字化した。外需獲得は国民所得から見たインバウンド観光の意義 である

第9章 韓国の動き 中尾 睦 1 奥 愛 2 井上 俊3 【要旨】 韓国はキャッシュレス比率が高い。その背景には、アジア通貨危機からの打開策とし て、政府主導でクレジットカード決済促進策を実施してきたことがある。さらに、中

CiNii 論文 - 日本におけるキャッシュレス化の現状と推進要因の

CiNii 論文 - コロナウイルスによるキャッシュレス決済の利用

  1. キャッシュレス化の進展状況 現金(銀行券+硬貨)の流通残高の対名目GDP比率について、我が国は20.0%と高い。 我が国のキャッシュレス決済比率は18.4%であり、他国と比べて相対的に低位にある。89.1% 60.0% 55.4% 54.9% 5
  2. キャッシュレス決済の「ポイント還元制度」 の意義と課題 「消費増税の影響緩和」と「キャッシュレス化推進」の二兎を追えるか? 金融調査部 主任研究員 長内 智 [要約] 今年の10月に予定されている消費税率の引き上げが、いよい
  3. キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネーを利用した、現金を使わない支払いのこと。その歴史は意外に古く、手形や小切手、振込なども広い意味でのキャッシュレスに該当します。近年はスマートフォンによるQRコード決済が登場し、新しいキャッシュレスが注目されるようになり.
  4. コロナ禍における日本のキャッシュレス化の進展状況の記事ならニッセイ基礎研究所。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています
  5. 1 1. キャッシュレス決済について 1.1 キャッシュレスの定義 当協議会ではキャッシュレスを「物理的な現金(紙幣・硬貨等)ではなく、デジタル化 された価値の移転を通じて活動できる状態」と定義づけている。 なお、上記の定義には、仮想通貨や暗号通貨と呼ばれる、分散型台帳技術を用いた
  6. PR 提供:ジェーシービー. 2人に1人がキャッシュレス決済を使えないと来店意欲減少!? - 実態をアンケート調査. 2019/07/31 17:00. 2019/07/31 17:14. 著者.

3 3.キャッシュレス普及策 政府のキャッシュレス決済比率目標を達成するための方策として本稿では 3 つのキャッシュレス推進策を提案する。 1 つ目は教育へのキャッシュレス導入である。我々の提案は「お金の教育」 の中で電子マネーやクレジットカードの教育も行うべきだとするものである シーの有無とキャッシュレス化の関係を明示したものは、筆者の知る限り、金融中央広報委員会(2019) の調査結果のみである。そこで、この点について追加的なevidence を提示するにあたり、本論文は 新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活様式は変わりつつある。その中で、日常の消費活動やそれに伴う決済手段にも変化が起こっている。すなわち、現金を介しての感染リスクが意識され、非接触のキャッシュレス決済が注目されている 論文等の一覧 金融システムレポート 決済システムレポート 金融システムに関連する講演等 活動の拡大などを背景に、現金を媒体とせずデジタル化された手段で支払決済を行う「キャッシュレス決済」が各国で拡大している。この. 日本が今、キャッシュレス決済に官民挙げて取り組む理由として、2点あります。 1点目は、日本における労働人口減少を踏まえた生産性の向上のためです。キャッシュレス決済を推進することで、実店舗等の無人経営や、いつどこで決済をするのかが明確なためマネーロンダリングなどの不正.

一般消費者を対象に、キャッシュレス決済の利用状況や評価に関する調査を実施。スマホ決済(QRコード型)の利用率が大幅増加したほか、新型コロナウイルス感染症による購買行動への影響も見られた ・「小論文の例文を見たい」 ・「小論文の書き方を身につけたい」 ・「キャッシュレス化について考察したい」 こんにちは、TKです。 私は小論文の書き方を、「たった1冊」の本だけで身につけました。 実際にその小論文を利用して、大学に合格したという実績を持っています キャッシュレス決済を最も利用する人の理由は、「ポイントが貯まり、使えるから」や「スムーズに支払いできるから」、「『ポイント還元制度』の対象になるから」 最も利用する決済手段として「現金」以外(「クレジットカード」、「カード型電子マネー」、「QRコード決済」、SuicaやPASMO.

財界観測 2018.11.27 2 Ⅰ. キャッシュレス 化政策の内外格差 1. わが国で 活発化するキャッシュレス化への動き 昨今、わが国においてキャッシュレス化を巡る動きが活発化している。2018 年 4 月には、経済産業省が「キャッシュレス・ビジョン」を発表し、諸外国 1 「キャッシュレス決済」アンケートの調査結果 1. 調査概要 調査の趣旨 政府は現在、日本のキャッシュレス決済比率を2027 年までに4 割程度に高めることを目標に掲げている。2017 年時点において、同比率は21.0%であり、これ キャッシュレス社会の土台形成―デビットカード導入とその浸透 2017年5月発行のオピニオン「IT弱者は若年層?」でも触れたとおり、デンマーク政府は2030年頃を目処に完全なキャッシュレス社会を目指し、その移行が進んでいる 卒業論文 慶應義塾大学経済学部 大平 哲研究会 メールはこちらへ 小林亮介「支払いをキャッシュレス化することによる還元・割引についての分析」 会計時に小銭を出すことに手間取ったことはないだろうか。クレジットカードや電子. キャッシュレス決済推進の話になると、「中高年や高齢者が現金主義だから」「若者を中心に普及」というフレーズで、若年層はキャッシュレスに積極的なのに、中高年や高齢者が保守的で、それが重しになっているかのようなイメージを持っている方も.

決済方法の多様化と企業マーケティングへの視座 - 国立情報学

お得に買い物をするのなら現金を使わない方がいい

日本のキャッシュレス化に向けた課題-日本のキャッシュレス化について考える(3):研究員の眼 政府の定めた「キャッシュレス決済比率」を. 近年、キャッシュレス社会になりつつある中国の動向が注目されている。「キャッシュレス・ビジョン」によると、2015年の中国のキャッシュレス決済の比率は、比較的高く60%である。スマホアプリなどを活用した支払に関する統計は含まれていないため、この数字はほとんどデビットカードの. 「キャッシュレス決済」や「〇〇ペイ」といった言葉が急速に普及しています。気にはなっているものの使うきっかけがなかったという方もいるのではないでしょうか? キャッシュレス決済は、何年も前から身近なところで活用されています キャッシュレスとは、支払い・受取りに紙幣・硬貨といった現金を使用せず、クレジットカードや電子マネー、口座振替などを利用して決済する方法のことです。このキャッシュレス化を浸透させたマーケット(社会)のことを、キャッシュレス社会と呼んでいます

「キャッシュレス化」の限界を考える:日経ビジネス電子

キャッシュレス化が進んだ経緯とは. 「キャッシュレス・ロードマップ 2019」によると、イギリスのキャッシュレス決済比率は2016年時点で68.6%。. 日本の3倍以上にも及びます。. UK Financeがまとめた資料によると、2007年の現金利用率は61%だったところ、2017年に. キャッシュレス先進国・スウェーデンから現金が消えた理由 北欧・スウェーデンは、キャッシュレス先進国といわれるほど、現金を扱わないことが一般的になりつつあります。国策として推進しているキャッシュレス決済が普及しているなど、スウェーデンから学ぶべきポイントは少なくあり.

キャッシュレス社会の展望と法的リスク 立教大

災害時の停電が、キャッシュレス決済の課題に。キャッシュレスユーザーはどう備えればいいのか? 24%を超えたキャッシュレス決済 キャッシュレス決済の普及活動を行っている「一般社団法人 キャッシュレス推進協議会」(以下、キャッシュレス推進協議会)が2020年6月に発表した資料. キャッシュレス決済を利用すれば、ポイントを還元するというお得感を売りに消費を下支えする狙いもありました。そこに新型コロナの感染拡大. 東南アジアで活発化するキャッシュレス決済. 東南アジアでは、スマートフォンの普及に後押しされて、既存の金融機関をはじめ異業種も含むさまざまなプレイヤーが、モバイル決済を中心とするキャッシュレス決済サービスを相次いで提供し始めている.

コロナ禍における日本のキャッシュレス化の進展状況 ニッセイ

キャッシュレス決済とは現金を使わない支払い方法のこと。近年、キャッシュレス化が進み、さまざまなキャッシュレス決済が普及しています。キャッシュレス決済の種類やメリット、注意点のほか、おすすめのクレジットカードを紹介します オリンピックに向けて進む、キャッシュレス化とセキュリティ課題. Posted on 2017年6月12日. 1. 増える訪日外国人客、2020年に向けて倍増を目指す. 日本を訪れる外国人旅行者の数が急増しています。. 日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2016年の1年間に日本. 日本国内におけるキャッシュレス決済比率は世界と比べて低く、キャッシュレス化は遅れているのが現状です。それには、歴史的・社会的背景があると同時に、日本の国民性も関係していると考えられます。しかし、今後は日本でも、あらゆる場面でキャッシュレス決済が普及していくでしょう

2人に1人がキャッシュレス決済を使えないと来店意欲減少

キャッシュレス先進国として知られる北欧スウェーデンでは、現金の使用が急減している一方で、新たな問題が浮上してきている. スウェーデンがキャッシュレス社会となった立役者のひとつに、このSwishも大きく関係しているようです。. 第2回の今回は、スウェーデンのキャッシュレス化を推し進めたSwishについて、そしてスウェーデンの決済システムに詳しい専門家に、スウェーデンの.

2019年10月の消費増税をきっかけに、全国的に「キャッシュレス化」が進みました。それまで現金主義だった大人は、お金の減り具合が見えにくく. キャッシュレスを普及させるべき理由とは? このセクションでは、政府がなぜ国を挙げてキャッシュレス化に取り組んでいるのか? その理由について簡潔に解説します。 経済産業省は、2018年4月に策定した「キャッシュレス・ビジョン」(※日本のキャッシュレスの現状と、キャッシュレス化.

最新論文 | 商業界オンライン 小島健輔が警鐘『スマホ決済も

コロナウイルスによるキャッシュレス決済の利用変化と接触

  1. 高校生小論文コンクール 第17回「金融と経済を考える」高校生小論文コンクール(2019年) はじめに 特選入賞者(敬称略) 金融担当大臣賞 キャッシュレスを通して見えてきたこと(PDF 396KB) 文部科学大臣賞 飛び立て!日本の仲間たち(PDF 426KB
  2. ベトナムは、2020年末までに現金決済の割合を10%未満とし、キャッシュレス決済をスーパーマーケットなどで100%、都市部の個人店などで50%にする政府目標を設定、推進している。実際に都市部の飲食店・小売店などでは電子ウォレットを通じた決済を宣伝する掲示を多く見かけるようになっ.
  3. 書誌が見つかりません
  4. ローソンの考える「キャッシュレス」とは. ローソン代表取締役社長の竹増貞信氏は会見冒頭の挨拶で「諸外国でのキャッシュレス化が進んで.
J-WAVEラジオ番組【PICK ONE】に出演しました

決済システムレポート別冊「キャッシュレス決済の現状

  1. キャッシュレス社会の現状 2018年4月の「キャッシュレス・ビ ジョン」と題する経済産業省の報告 書によれば, キャッシュレス決済比率を2020年 までに40%に引き上げるとともに, 将来的には世界最高水準の80%を 目指すという。 キャッシュレス決済の消費全体
  2. キャッシュレス化推進に向けた国内外の状況 2018 年 4月12日 株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部 金融コンサルティング部 〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューフ
  3. 日本の キャッシュレス化 名古屋市立大学森田ゼミ 髙木はるな 川嶋萌鈴木竣哉永由真之原僚佑 1 引用先:The Impact of Electronic Payments on Economic Growth ,Moody's Analytics,2016 キャッシュレス化による生産性向上 3 GDP
  4. 1 キャッシュレスの現状 世界各国のキャッシュレス決済比率の比較を行うと、キャッシュレス化が進展している 国は40%~60%台であるのに対し、日本は約20%にとどまっている。 世界的なキャッシュレスの流れを踏まえ、キャッシュレスを通じたデータの利活用により、国全体の生産
  5. キャッシュレス決済比率を倍増し、民間最終消費支出に対するクレジットカード、デビットカードお よび電子マネーの決済金額比率を4割程度とすることを目指すKPIのフォローアップが行われてい る。※Society5.0:第4次産業革命の社会.

キャッシュレス化による感染症対策について考える-公衆衛生とデータ利活用に関する問題点の整理の記事ならニッセイ基礎研究所。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え. キャッシュレス社会実現に向けた論点整理. 本検討会ではまず、キャッシュレスの推進が社会に貢献することを念頭に、キャッシュレス化の目的を整理しました(図1)。. また、今後、キャッシュレス推進を検討するにあたり、高齢者や子供などの「利用者. キャッシュレス化がもたらす問題点 しかし、キャッシュレス化が進むことのマイナス面も各方面から指摘されている。 グローバル金融についてのジャーナリストであるBrett Scottは、「キャッシュレス社会」とは実際には「銀行社会」であり、銀行が人々の取引すべてを仲介し、膨大な量の. アメリカン・エキスプレスがキャッシュレス決済について意識調査を実施 新型コロナウイルス感染拡大後は キャッシュレス決済と現金決済の比率が逆転 「タッチ決済」需要が一般生活者および店舗関係者双方で急拡大! コロナ後にクレジットカードの「タッチ決済」の利用が増えた一般生活.

キャッシュレス決済-利便性の裏に潜むリスクとセキュリティ

  1. 最近よく目にするようになったキャッシュレス決済だが、日本のキャッシュレス決済比率は約25%にすぎず、海外に比べて普及が大幅に遅れている。政府の推進政策もあり、今後ますます私たちの生活に影響を及ぼすキャッシュレス決済
  2. 2020年、日本のキャッシュレス業界は大きく進展した。2019年10月から続いたキャッシュレス・消費者還元事業は1つの大きな契機となったのも確かだろう。これによってコード決済が伸張し、キャッシュレス全体を押し上げた
  3. キャッシュレス決済比率を見てみると、2008年の11.9%から2016年には20.0%に推移しており、8年間で8%程度の上昇が認められている。着実にキャッシュレスが浸透している状況にはあるものの、他国と比較するとその普及率は十分と
  4. キャッシュレス社会の到来というのは、単純に「現金を使わない」という以外のインパクトをもたらすと筆者は予測する。手数料引き下げは行なわれると仮定しても、この変化に耐えられない企業は消滅の憂き目に遭うことになるかもしれない
  5. 20代の4割が「キャッシュレス化」を望んでいない--普及の鍵を握るのは?. 若年層がメインユーザーのスマートフォンアンケートアプリを運営する.
岩下教授の書斎シリーズ第10回「マイクとマイクスタンド」

3 1 キャッシュレス決済について 1.1 キャッシュレス決済の定義 本ビジョンにおける「キャッシュレス」は、「 物理的な現金(紙幣・硬貨等)で はなく、デジタル化された価値の移転を通じて活動できる状態」を指す。 1.2 現状の主なキャッシュレス決済手 スマートフォンを使ったキャッシュレス決済が盛り上がつている。LINEや楽天、AmazonといったITサービス大手に加え、NTTドコモなどの通信キャリア、銀行、コンビニ・流通など、様々な業界の大手企業が続々参入。ソフトバンク・ヤフー系のPayPayが、昨年12月の「100億円キャンペーン」で話題を. キャッシュレス国家中国で、増える自販機、減るATM 中国人が財布を持ち歩かなくなって久しいが、新型コロナウイルス禍を経てキャッシュレス化はさらに加速している。中国人民銀行の統計によると、2020年のモバイル決済額は前年比24.5%伸びた キャッシュレス化の動きが進んでいる。医療分野ではクレジットカードや電子マネー等によるキャッシュレス決済の普及は遅れている。関連企業などで組織する「キャッシュレス推進協議会」(以下、推進協議会)は、導入が進んでいない医療分野への普及のため、今月にも日本医師会や日本.

流通科学研究科 修士論文報告会|TOPICS|流通科学研究科|学部【楽天市場】送料無料 爪切り 貝印 つめきり ツメキリ tumekiriASCII

キャッシュレスは生産性アップとコスト削減に有効. 佐藤: 労働人口の減少により、中小店舗では働き手を探すのが難しくなっています. 日本にも、遂にキャッシュレス化の波が到来する。日本政府は、2019年10月に予定している消費税率の10%への引き上げに伴い、キャッシュレス化の推進を目指している。政府が打ち出したのは、キャッシュレス決済を利用すること. そもそも中国でキャッシュレスが進んだ理由とは. 中国がキャッシュレスに傾倒し始めたのは、 銀聯カードの誕生がきっかけ といえるでしょう。. 異なる省や銀行間での決済の一本化を目的に、中国の中央銀行とされる中国人民銀行が設立した「中国銀聯.